在日ロシア人女性はストレスがいっぱい

恋人のロシア人やウクライナ人女性と口論になると、たまに彼女達の口から聞く言葉があります。

「ワタシニホンデ、ヒトリデガンバッテル。ドウシテソンナコトイウ?ストレスイラナイヨ!」

これを聞くと(ウソ言え。オレがフォローしてるじゃねぇか。何が独りだ。)なんて思ってしまうのですが、異国の地で苦労しているのも事実。逆に僕がロシアで生きていけるのかと考えると絶対に無理ですからね。まぁ彼女達が日本に来る場合は友達や親戚が既にいる場合が殆どですから、単純比較はできないのですが。『意外と泣くロシア人女性』でも書きましたが、強そうに見える彼女達もやはり女性です。在日ロシア人や在日ウクライナ人の女性がどういったことでストレスを溜めるのでしょうか。

文化とコミュニケーション

仕方のないことですが、やはり日本とロシアやウクライナとでは言葉はもちろんのこと文化が違います。長く在日していれば慣れる部分もあれば、そうではない部分もあります。日本語を話すことができるといっても我々日本人程ではありませんし、日本に10年住んでいる外国人女性にですら異なる意味で伝わったりしますから。これには男性側もストレスと感じる場合もあるかもしれません。彼女が日本人にメールを送る際に、たまに僕が添削させられるのですが原文のままだと相手を不快にさせるだろうなぁということがあります。

また、全ての日本人が外国人ウェルカムというわけでは無くご近所トラブルに見舞われるケースがあります。特にロシア系へのあたりは強いかなと感じさせられる事も僕自身経験しました。彼女が以前住んでいた家のお隣さんは偏った思想の持ち主で、祝日になるとあからさまに日本国旗をこちらに向けて掲げたり挨拶をしても完全無視でした。彼女も強気なので僕がなだめないと更に大きな問題に発展していた可能性もありました。引っ越したことで落ち着きましたが、引越しも一苦労。賃貸の場合は外国人の居住が可能な場所を探さなければならないのです。

彼女は普通に電車に乗っていただけで罵声を浴びせられた経験も過去にしています。以前お付き合いしていた女性ですと外干ししていた衣類を持っていかれたりしたこともあります。外国人にとって日本は果たして住みやすいのかと疑問に思うことすらあるのです。

日本の文化でいえば大半のことは好意的に受け止めてくれますが、細かなところでいうと「御返し」が理解できないのだそうです。何かをいただいたらお返ししなければならないというのは日本特有の考え方らしく、いつもブツブツ文句を言っています。

ホームシック

日本人が田舎から上京するのとはワケが違いますから、祖国にいる家族や友人に簡単には会えません。国際電話も安くはありませんし、便利なSkypeなども時差を考えるとお互いにいつでもOKなわけではありません。話したい時に話すことすらままならないのです。

彼女達外国人は日本人よりも家族への愛情が強いのでお互いを心配する気持ちも強いのです。そんな状況で身内に不幸があったりもします。特にウクライナやロシアは今の日本では考えられないようなことが起こったりもします。ウクライナでは数年前から内戦が起き、該当地域に家族が住んでいる在日ウクライナ人女性の中にはパニックになる人も少なくありませんでした。こういったことは恋人や夫婦で全て埋めてあげられる問題ではないので多くの在日外国人女性に当てはまるストレスの大きな原因の1つといえるでしょう。

仕事とお金

多くのロシア人女性が日本で仕事をするために来日しますが、思うように稼げない人が多いのが現状です。ビザの問題もあり永住権を持たないと仕事にも限りがあります。永住権をもっていたとしても日本人のようには仕事は見つかりません。モデル事務所に所属してもカッコ良いショーモデルやブランドの広告だけで生活できるのは一握りの人だけ。テレビのエキストラやタレント業などもこなさなければならず、地方に住むロシア人女性だとこの仕事ですら環境的に難しいものとなります。なのでロシアンパブなどの飲み屋さんとモデルを兼業したりする女性が多いのですね。中には手作りの小物をインターネットで販売したり、ネイルサロンを兼業する東欧女性もいます。美女だから仕事もお金も簡単とはいかないわけです。

 

日本で生活するロシア人女性のストレスについて書きましたが、これ以外にも沢山あるはずで、例えば僕の様な恋人を持ってしまったため余計なストレスとなってしまったり(笑)。異国で暮らすというのはそれ程大変なんですね。別の機会に彼女達がどうストレスを解消しているかについても書きたいと思います。

ロシア人女性のストレス解消法』はコチラ

傾向と対策カテゴリの最新記事