お客さんとしか見られていないかの判断基準

ロシアンパブやインターナショナルクラブで働いている女性を好きになってしまった時って自分が女性からどう思われているのかって知りたいですよね?お客さんとしか見られていないのかなぁと不安になったり。お客さんとしか見られていない事が本来当たり前なんですけどね。それでも好きになってしまうんですからしょうがないです。

日本人キャバクラでもそうですがお店で働く女の子の思わせぶりな態度に勘違いしてしまいます。増して外国人美女となると男性は魔法にかかったかのように虜となってしまいがち。ただし自分は現在お相手にとっての何なのかを認識しておけば違ったアプローチもできるし、諦めるという決断も可能なわけですね。諦めるのか、分かりきってても無償の愛情を注ぐのか。どちらが正解かはわかりません。僕自身どちらの決断も経験し無償の愛情を注いだ末に実った恋もあれば実らなかった恋もあるからです。だからこそ皆さんには僕が実践で学んできたことを参考に最短距離かつ無駄なお金を使わずに東欧の美女と仲良くなってもらいたいです。ではどういったところで自分がただのお客さんなのか判断できるのか。

お店でしか会えない

女性から営業メールと営業電話が来てお店でしか会えないのはもちろんただのお客さんです。もちろん営業トークで「アナタハタダノオキャクサン。」なんて言う嬢はいません。お店で飲むのが楽しいのならそれでも構いませんが、僕は「ロシアンパブの女性との関係を一気に縮める方法?」でも書いた通り同じ女性のために4回以上お店に行きません。なお外国人女性も源氏名を使う女性が多いので本名を教えてもらえない場合もお客さんです。

店外デート風

実は店外デートでもお客さんとしか見られていない場合もあるのです。

例えばロシアンパブの同伴やアフターデートで、嬢と同じ国のスタッフ(知り合い)が働く、もしくは経営してるお店での食事に誘われた場合。あなたがそのお店で支払う飲食代の数割が嬢に入るシステムになっていたりします。特に嬢が働くお店の近く、同じ繁華街にあれば確率は高いです。これは僕も最初は知りませんでしたので、後に彼女になった子から説明されてショックでした。「あの時のあの店そうだったのか…。」男性側からしたら気分は良くないですよね。僕は結局恋人になることができましたが、そのまま何もなかったらと思うと…。

同伴やアフターだけではなく、休日に一緒に出かける際に飲食代等デートにかかるお金の他に生活費などの名目で金銭が発生する場合も残念ながら彼女達のお仕事です。彼女達にとってはお店で働くより楽にお金をもらえて運が良ければ買い物もしてくれるわけですからね。この場合のお客さんは僕は経験ありませんが、彼女がロシアンパブで働いていた頃にお客さんとご飯食べに行ってくる事を「シゴトイッテクルネ」と言っていましたし、情けない事に当時は僕もそれを了承せざるを得ない状況だったのです。彼女は1回の食事だけで2万円程得ていました。高いと思うかもしれませんが彼女達はお金持ちのエロオヤジに「100万円あげるから1回どう?」と言われる事も少なくないようなので…。

プライベートの質問が自分ばかり

好きな人の事が知りたければ質問しますよね?彼女から質問されますか?あなたからばかりではないですか?仕事の事しかきかれていないなんて事はないですか?

住んでいるところを知らない、部屋に入れてもらえない

信用され友人以上に思ってもらえているなら、まず嬢の住んでいる場所は知ることになります。

外国人女性とのデートの後なんて途中でバイバイなんて喧嘩でもしない限りそうある事ではありません。車だろうが電車だろうが普通は彼女の家へ送っていきますから。住んでいるところを知らないのは論外ですが理由をつけて中へ入れてもらえないのもお客さんです。「ルームメイトガイルカラ。」なんてのは言い訳です。まず彼氏ならルームメイトがいても部屋が散らかっていても入れてもらえます。自分の家に来てくれないのも同様です。僕の経験ですと後に恋人まで発展した女性のほとんどが初めてのデートの時までに住んでいる場所まで案内してくれています

友人や家族を紹介されない

仲良くなってから友人や家族を紹介されるのは日本人女性と比べると圧倒的にロシア人女性やウクライナ女性の方が早いです。同時に彼女達は恋人になると自分を早く男性側の家族に紹介してほしい傾向があります。自分の大切な人を大切な人達に紹介したいというとが当たり前なのかもしれませんね。

電話番号を1つしか知らない

外国人であってもロシアンパブやキャバクラで働いている女性は仕事用とプライベート用の携帯電話を2台持っている人も多いです。

1台しか持っていない場合もありますので一概には言えないのですが、2台持っている場合はお客さんでなければ両方番号を教えて貰えるはずです。そしてプライベート用の電話でのやり取りに変わるはずです。また、「他のロシア人女性とは絶対に浮気してはいけない」話にも書きましたが彼女達のほとんどはFacebookをはじめとするSNSをしています。僕はSNSで繋がることをオススメしませんが、Facebookで友達になろうよと誘っても断られる場合もお客さん以下にしか見られていない証拠です。逆にSNSで繋がったからといって友達以上になったかといえばそうとも限らないので勘違いしないように

出会いカテゴリの最新記事